記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 様々な記憶術 宮口式記憶術

宮口式記憶術

最近の記憶術では様々なものが新しく登場してきているようです。宮口式記憶術はその中で特に話題となっているもののひとつです。宮口式記憶術は1日5分間のトレーニングをするだけで高い効果が得られると言われ、主にインターネットで高い評価を誇っています。

宮口式記憶術は宮口公寿氏によって開発された記憶術です。宮口氏は30年という長い年月を掛けてこの記憶術を考案し開発したと言われ、難関試験に適した方法として効果があるようです。実際に宮口氏本人もその記憶術で偏差値41の状態から東京大学に合格したという経歴を持っています。

宮口式記憶術は、短時間のトレーニングで驚異的な記憶力を得られる方法と言われ、多くの事柄を暗記しなければいけない資格試験や、歴史など暗記を必要とする科目の勉強に向いています。また年齢や性別などに関係なく誰でも実践でき、その効果も高いということで評判になっているようです。

宮口式記憶術はイメージを重要視した記憶術を言われ、まず始めに記憶する対象を具体的にイメージ化することからスタートします。そこからさらに突飛なものをイメージできるようにトレーニングしていきます。そしてイメージ化が80%位できるようになったら覚える内容を整理して、記憶するものを選びます。そして時期をみながら復習を行います。

宮口式記憶術はとてもシンプルな内容ですが、イメージ化に慣れるまでは訓練が必要になります。そしてイメージ化ができるようになれば短時間にとても多くの事柄を暗記することができるようになると言われています。宮口式記憶術はイメージ化によって強烈な印象を与え記憶に残りやすくする方法です。

様々な記憶術

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!