記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 様々な記憶術 ジニアス記憶術

ジニアス記憶術

ジニアス記憶術は記憶術の中で人気が高いもので、川村明宏氏によって開発されたものです。川村明宏氏は脳のトレーニングで有名な任天堂DS用のソフトを監修した方で、速読術の権威であると共に右脳開発の第一人者として有名な方です。

川村氏によって開発されたジニアス記憶術は、右脳を活発化させるトレーニングを行うことによって脳の働き高め、記憶力や学習能力をアップさせていく方法です。

ジニアス記憶術では最初に3分間のトレーニングを行います。このトレーニングによって脳の効率が良くなって知識が定着しやすい状態になります。その状態でジニアス記憶術を行うと記憶力を高めることができると言われています。

ジニアス記憶術の特徴は右脳を使う点で、通常の記憶は主に左脳を使うことで行われると言われているので、その点に大きな違いがあります。何度も暗唱する、書き取るなどの作業によって記憶を定着させようとするとその記憶は通常左脳に蓄積されていきますが、左脳に保存された記憶は短期記憶として残るため長期間保存される記憶ではありません。

ジニアス記憶術では右脳をフル活用することによって長期記憶をすることができます。また長期間記憶を残すだけでなく一度覚えたら忘れない記憶となる効果が期待できます。さらに右脳を活性化させることによって記憶の他に頭の回転能力も高くなるため学習効果がアップすると言われています。

内容は簡単なので誰でも挑戦でき、記憶術の口コミサイトでは評判となっています。ジニアス記憶術は様々な記憶術の中でも、頭が良くなるトレーニングとして評価が高いようです。