記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 様々な記憶術 ワタナベ式記憶術

ワタナベ式記憶術

ワタナベ式記憶術は記憶術の中でも特に知名度が高いもので、この記憶術では右脳を効果的に活用して記憶力を上げる方法です。受験など試験勉強に適している方法と言われていて、この記憶術は渡辺剛彰氏によって提唱されました。

渡辺氏は旧制中学の時代にはあまり成績が良くなかったそうです。それを見かねた父親が渡辺氏に教えたのが記憶術で、それによって成績はビリからトップに変わったと言われ、さらに記憶術によって東京大学に入学し司法試験にも合格され、記憶術研究家として有名になりました。

渡辺氏の父親が教えた記憶術はヨーロッパの記憶術を元に研究された井上円了博士による記憶術が基礎となっているため、ワタナベ式記憶術は明治時代に登場した記憶術の流れを汲むと言われています。

ワタナベ式記憶術の特徴は従来型の記憶術である「連想結合法」や「音声変換法」などを利用したうえで改良を加えていき、試験勉強用に向いた方法である点です。ワタナベ式記憶術の基本的な考えには3つあり、素早く覚える、整理して覚える、連想結合して覚えるということです。

また記憶のトレーニングでは「連想結合法」「数字変換法」「変換記憶法」「基礎結合法」「鈴なり式記憶法」の5つの方法を使って行います。トレーニングの中ではイメージを重要視して、イメージによって覚えたいものを記憶として定着させていき、さらに覚えやすくするためにストーリー性を持たせたり場所を関連づけたりしていきます。初心者でも利用しやすい内容なので、学生の受験勉強に向いています。

様々な記憶術

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/