記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術と脳 右脳を鍛えて記憶

右脳を鍛えて記憶

記憶術ではより早くより多くの事柄を記憶していくためには、右脳を強化するのが良いと言われています。大人になって固まってしまった頭では右脳を強化するのはなかなか大変なことかもしれませんが、少しでも右脳を鍛えて記憶力をアップさせていきましょう。

右脳のトレーニングは日常のちょっとしたことで行うことができます。左利きに人は右脳が発達していると言われますが、それはよく使う左半身が右脳の指令によって動かされているからです。逆に右半身をよく使う右利きの人は左脳からの指令で動いているため左脳が発達しているのです。

このため右利きの人は左半身を意識して使うことによって右脳を鍛えることができます。右脳を鍛えるためには日常的に左手で字を書く、左手で携帯メールを打つ、左手でお箸を使う、左手でボールを投げるといったように意識して左手を使うことをおすすめします。

生活や仕事に差し支えのない程度で行い、コツコツと続けていくと必ず変わってくるでしょう。

趣味で右脳を鍛えるなら読書がおすすめです。読書をすると本を読みながら内容についてあれこれ考えたり、自然に頭の中にイメージを思いうかべたりするものです。読書することで集中力が備わり、様々な知識を得ることもできます。

また、読書の活字を追っていく動作、つまり目を動かすことは脳にとって良いトレーニングになります。右脳を鍛えるトレーニングの中には紙に線や文字などを書いて、それを決まった順番で目で追っていく方法があります。