記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術と生活 仕事に活用する

仕事に活用する

受験や資格試験のために記憶術をマスターされる方は多いようですが、記憶術は仕事にも活用することができます。仕事を効率的に行うためには多くの情報を整理したり、様々な事柄を的確に理解したりする必要があります。仕事の効率を上げるためは記憶術を利用するのがおすすめです。

仕事の中で記憶術が役立つ場面としてあげられるのは「プレゼンテーション」ではないでしょうか。プレゼンテーションは多くの資料を使って説明し、相手の心に働きかける必要があります。アピールしたい点を確実に相手に伝えるためには、あらかじめ話す内容について記憶しておくことは大切なことです。実際に暗記される方も多いでしょう。

もし覚えられないまま本番を迎えてしまうと手元の資料を常に確認しながら説明しなければならなくなり、その姿は上司や取引先に「安心して任せられない」、「信頼できない」などマイナスな印象を与えてしまうことになります。

こんな時は記憶術を利用するとわざわざ資料を見なくても、確実に内容をアピールすることができるようになります。また、プレゼン後に質問があった時はデータの数字などでも素早く的確に答えることができます。

記憶術によって社内では冷静沈着な人物と評価され、取引先や上司にも信頼感を与えることができます。また、記憶術を使うことで脳が活性化されていきますので仕事に対する理解度が上がり、仕事のスピードも効率的になります。

特に医学用語や司法用語など専門知識が必要となる業種では、記憶能力が高くなればそれだけ評価や効率があがっていきます。また、毎日大量の資料に目を通す必要がある場合もとても役に立つでしょう。