記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術と生活 睡眠を活用する

睡眠を活用する

記憶術でせっかく覚えた記憶をきちんと定着させるために重要なのが睡眠です。徹夜とか一夜漬けという言葉があるように受験や資格取得の勉強では寝る間もおしんで勉強をしなければいけないイメージがありますが、実はしっかりと覚えるためには睡眠は必要不可欠です。

記憶と睡眠は深く結び付いています。睡眠不足になると脳の働きが悪くなってしまい、集中力が欠けたり頭がぼーっとして簡単なミスを起こしやすくなったりします。徹夜したのに結果が良くなかったなんてことは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

脳に効率よく働いてもらうためには良質な睡眠をとることを心がけましょう。寝る間を惜しんで勉強するのは逆効果です。理想的な睡眠時間は7時間から8時間程度で、勉強の合間にも適度な休息をとるようにしましょう。

記憶術を利用する上でも睡眠は重要な鍵を握っていて、記憶は睡眠中に脳に保存されると言われています。睡眠中は浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠が周期的に繰り返されていますが、

レム睡眠中には夢を見たり、その日覚えた内容や出来事を思い出していると言われていますが同時に脳の中では、必要な記憶と不必要な記憶を分類して残したり削除したりする作業が行われています。

また、覚えたい事を暗記したり確実に覚えておきたい時は、勉強後に上質な睡眠をとり、起きた後に改めて復讐するとより効果的な記憶が可能になります。中には何度やっても解けなかった難しい問題が睡眠中に記憶が整理されたことで、起きたら簡単に解けるようになったということもあるようです。

記憶術と生活

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!