記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術と生活 運動を活用する

運動を活用する

情報を頭の中に記憶させたい時は、記憶術を始める前に運動をするとその効果がより一層高くなると言われています。勉強の前に運動したら疲れて何も頭に入らなくなるのでは?と思われる方も多いかもしれません。しかし実は体を動かして運動すると脳が活発に動くようになると言われています。

記憶術を効果的に活用するためには、激しい運動ではなくウォーキングのように軽めの運動がよいとされています。運動時間は30分〜1時間程度を目安にするとよいでしょう。

脳の活発化には全身運動がよく、ウォーキングは全身運動なので歩くことによって全身に血流が行き渡るようになります。そして脳まで血液が届けられるようになると記憶力のアップに繋がります。

また、歩くことで脳の前頭葉が刺激されます。散歩の途中でふとアイデアがひらめいたり、どうしてもできなかった問題の解き方が瞬間的に思い浮かんだりするのは、そのためです。また歩行によって思考能力が高くなる作用もあるようです。

運動は机に向かって凝り固まってしまった頭や筋肉をほぐしたり疲労回復にも効果的です。リフレッシュ効果もありますので頭をスッキリさせることで、勉強がはかどるようになり記憶術も効率的になります。

歩くのが難しい場合は指先合わせや、指曲げ、じゃんけんなど指の運動をすることでも脳を活発にすることができます。指先や手先を動かす方法は昔からよく知られていて老化防止にも効くと言われています。記憶術を行う前には指先を刺激してみるのも良いでしょう。