記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術と生活 五感を活用する

五感を活用する

記憶術には様々な方法があり自分に合った方法も人それぞれで違うものです。記憶術の中には五感を使って体に覚えさせる方法があります。これは受験や資格の勉強のように暗記を目的として行う記憶術とは少し異なるものです。

スポーツを例に挙げてみると、サッカーでボールを正確な方向に蹴る動きやテニスで正しいフォームでラケットを振る動きなどは、何度も繰り返し行うことによって体が覚えていくものです。

この記憶術は、同じ動きを何度も反復して繰り返すことで体にその流れを記憶させる方法で、「方法記憶」と呼ばれます。「方法記憶」でしっかりと動きを身に付けることができれば、意識しなくても自然に動くことができるようになります。

また、試験勉強では大量の単語や漢字をできるだけ効率よく覚えるために、目で見て読むだけでなく音で覚えたり手で書いたりして記憶することがあります。英単語はスペルを見るだけでなく実際に自分の口で発音したり何度も書いたりする方が断然覚えやすくなります。

声に出して発音し、耳で聞いて、手で何度も書きだして覚えると、多くの情報が目と耳から入り口と手によってより鮮明に記憶されるようになります。このように五感を最大限に利用して記憶させた情報は脳の中でも記憶が持続されやすくなります。

他にも食べ物や匂いなどと記憶が結びつく瞬間があります。これは食べ物を食べたり、ふと匂いを感じた瞬間に以前の記憶が呼び起こされるということです。何らかの体験をした時や勉強中に食べていた物と記憶が結び付くと記憶は鮮明なまま長期に渡って残るようになります。