記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 効果的な記憶法 顔と名前の記憶法

顔と名前の記憶法

日常生活の中で記憶力を必要とされるのは名前と顔の記憶ではないでしょうか。社会人になって最初に必要となるのがコミュニケーションですが、そのためには人の顔と名前を正確に覚えることが必要不可欠です。

社内の方はもちろんのことですが、営業職や窓口業務ではお客様と顔を会わせる機会が多いため顔と名前を正確に覚えることは仕事の基本です。初めてお会いする時は名刺を頂くので問題ないかもしれませんが、2度目、3度目となると顔を名前を覚えていないと非常に失礼にあたります。

会うたびに名刺を頂けるわけではないし、その都度名前を尋ねるなんてとんでもないことです。特に営業職や接客業では顔と名前を覚えておくことはとても大事なことです。なかなか顔と名前が覚えられない方は記憶術を利用するとよいでしょう。

一度お会いしただけで相手に顔と名前覚えてもらえることは自分にとっても嬉しいことです。相手の方も同じできっとあなたに好印象を持つことでしょう。仕事を円滑に進める上ではそんなささいな気遣いが大切になるものです。

顔と名前を早く確実に覚えていくためには、その人が持っているイメージを膨らませると覚えやすくなります。顔のパーツで一番印象に残っている部分や話し方の特徴などでイメージしていくとよいでしょう。

またありふれた名字では何人か同じ苗字の方がいて覚えにくいこともあります。そんな時は顔の雰囲気や服装、髪形など特徴になるものを見つけて、記憶に残るようにイメージ化していくと覚えやすくなります。