記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 効果的な記憶法 数字の記憶法

数字の記憶法

記憶術を利用して数字を覚えようとされる方は多いようです。中でも円周率は小数以下が延々と長く続くため、何千何万個もの数字を覚えなければいけません。覚えようとする方は少ないかもしれませんが、このような長い数字を普通に暗記するのは到底無理なことです。

数字を記憶するのに最も利用される記憶術は「語呂合わせ」です。一般的に日本で使われている円周率の語呂合わせは「産医師異国に向かう 産後厄なく 産婦みやしに 虫散々闇に鳴く」というものです。これは有名なもので円周率の3.14159265 358979 3238462 643383279までの30桁の数字に対応しています。

しかし円周率は英語圏の国々では語呂合わせするのが難しく、数字を文字の数に置き換えて文章を作って覚える方法が主流となっています。例えば3.1415を文章にすると「How I want a drink,」となります。同じものを記憶するにしても記憶の仕方は国によって異なるものです。

数字を覚え方法には「語呂合わせ」の他に、数字を文字に置き換えて記憶する「数字仮名置換法」や数字をある特定の名詞に置き変えてストーリー性をもたせて記憶する方法もあります。

受験や資格試験では数字を記憶しなければいけないことが多いようですが、日常生活の中でも数字の暗記が必要となる場面はたくさんあります。例えば銀行のATMでお金を出し入れする時は暗証番号を入力しなければいけませんし、インターネットでアクセスする時はパスワードやIDを入力しなければいけません。

覚える数字は多くないかもしれませんが、なかなか覚えられない数字を記憶したい時は記憶術が役立ちます。記憶術を利用して簡単に数字を覚えられるコツを身に付けると、日常生活も充実していくでしょう。