記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 効果的な記憶法 物語として記憶

物語として記憶

物語を作ってそのストーリーの中に覚えたい対象を登場させて記憶していく方法で、「物語法」と呼ばれています。「物語法」のやり方は記憶したい対象を時間的に配列して、それぞれを動物などに当てはめてその物語に登場させて覚えていきます。物語の流れの中で自然に覚えたいものを記憶していくことができます。

「物語法」の中でも有名なものに元素記号を覚える時の語呂合わせがあります。とてもよく知られている方法なので聞いたことがある人は多いかもしれません。

元素記号は順番にH水素、Heヘリウム、Liリチウム・・・と続く形になっていますが、これを物語として記憶しようとすると、「水素自動車でドライブしたら、ヘリウム風船とリチウム電池を持っている人に出会った。そして・・」という風になります。

このように覚えたい対象に自分なりのストーリー性をもたせて覚えていくと、覚える内容が難しくても印象として頭に残りやすくなり、記憶もしやすくなります。

「物語法」のポイントはできるだけ感情に訴えられる内容の物語を作りあげることです。どんな分野でも面白くないと思うことは覚えにくいものです。面白い物語や興味深い背景の物語を自分なりに作りあげると、覚えようと意識しなくてもいつのまにか自然に頭の中にインプットされていくようです。

しかし、「物語法」は大量の言葉を覚えようとすると物語が長くなってしまい、かえって覚えにくくなってしまう場合がありますので気をつけましょう。長いストーリーになってしまう場合はいくつかにパート分けして覚えるとよいでしょう。