記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 効果的な記憶法 場所で記憶

場所で記憶

記憶術の中には名前や日付、数といった覚えたい物をある特定の場所と関連付けて覚える方法があります。それが「場所法」と呼ばれる方法で、記憶術の代表的な方法のひとつです。

「場所法」のメリットは覚えた記憶が長続きすることです。これは場所と結び付けて覚えることから覚えたことが脳の中に強く残るため長時間記憶させることができるのです。「場所法」では実際の場所と結び付けるだけでなく架空の場所と結び付けることもできます。

場所法のデメリットは1つの場所に対して1つの事柄を当てはめて覚える方法なので、多くの事柄を覚えるのには向いていないという点でしょう。

「場所法」の中でも有名なものが「片手指法」と呼ばれるもので、「片手指法」では左手の5本の指を使って5個の事柄を覚えることができます。小指を1、薬指を2、中指を3、人差し指を4、親指を5として、それぞれに覚えたいものを当てはめて記憶します。

そして両手を使う記憶術は「両手指法」と呼ばれます。1から5までは左手を使用するので「片手指法」と同じですが、右手は親指から始まります。右手の親指が6となり、人差し指が2で最後は右手の小指で10となります。「両手指法」では最高10までの事柄を記憶することができます。

さらに多くの事柄を覚えたい時は「時計法」と呼ばれる記憶術がおすすめです。「時計法」では時計の文字盤それぞれに覚えたい事柄を関連付けて覚える方法で、1時を1としてそれぞれの時間に覚えたいものを当てはめて記憶していきます。