記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 効果的な記憶法 文字として記憶

文字として記憶

文字に置き換えて記憶する方法は記憶術の中でも代表的な方法のひとつです。そして世界でも有名な記憶法が「数字子音置換法」と呼ばれる方法です。この記憶法は英語を公用語とする国々を始めとしてヨーロッパ各地でも使われているものです。

「数字子音置換法」には別名があり、「メジャー記憶術」とも呼ばれています。やり方は数字を子音に置き換えて覚えるのですが、0をs,c,z,に置き換え、1をt,d,thに置き換えていきます。そして覚えやすいように子音と子音の間に繋がりの良い母音を補います。

日本にもこれに良く似た記憶術があり、それを「数字仮名置換法」といいます。「数字子音置換法」を日本語用にアレンジしたもので、1を「あ行」、2を「か行」、3を「さ行」、4を「た行」というようにそれぞれ置き換えていきます。1から0までの数字を「あ行」から「わ行」までに置き換えて記憶しやすいようにする方法です。

「形態法」と呼ばれる記憶法は数字をその形から連想されるものと関連付けして覚える方法です。1は鉛筆や煙突、2はアヒル、3は耳、4はヨットの帆というようにその数字の形から連想されるものに置き換えて覚えていく記憶法です。

私たちがよく知っている「語呂合わせ」も数字を文字に置き換えて覚える方法のひとつです。「語呂合わせ」は歴史の年号を覚える時によく使われる方法ですが、1を「い、いち、ひと」2を「に、ふ、ふた」などと置き換えて覚えやすくする方法です。多くの方が受験生の時に利用した方法ではないでしょうか。