記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術の基礎知識 記憶術のデメリット

記憶術のデメリット

メリットばかりの記憶術ですが、デメリットはあるのでしょうか。受験や資格試験だけでなく脳の活性化にまで大きな影響を及ぼす記憶術は、とてもすばらしい技術ですが万能とは言えません。記憶術が最も活躍できる分野は暗記です。そのため計算能力や読解力、英会話スキルなどを問われる試験には向いていません。

英語を例に挙げてみると、記憶術で英単語をたくさん覚えることは英会話や英文の翻訳に必要不可欠な力となります。しかし単語を確実に覚えていたとしても会話は成り立ちません。つまり記憶術の暗記力によって受験や試験には有利になりますが、良い結果だけが得られるわけではないのです。

また、記憶術はただでマスターできるものではなく、それなりに費用がかかってしまいます。記憶術をマスターするためには書籍やDVDを購入する必要があり、それらの出費も少なからずデメリットとなってしまいます。費用は数千円のものから1万円前後のものまであります。

そして残念ながら、記憶術のすばらしさを謳ってDVDや書籍を販売している業者の中には、稀に悪質な会社も存在します。内容や情報が少ない商材にも関わらず高額な支払いを要求される場合もありますので注意しましょう。

せっかく意気込んで購入しても実際学んで理解しないと記憶術を身に付けることはできません。効果の現れ方にも個人差がありますので記憶術で簡単に記憶力がアップするとは言い切れません。記憶術はとても優れた技術ですがデメリットもあるということを覚えておきましょう。

記憶術の基礎知識

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ノベルティ
ノベルティ景品など

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/