記憶術ナビ
記憶術ナビ TOP → 記憶術の基礎知識 記憶術とは

記憶術とは

記憶術とはたくさんの事柄を暗記する方法のことを言い、一度覚えたらその事柄を忘れない暗記のテクニックとも家えます。記憶術には様々な方法があり、独自の手法で記憶していきます。

記憶術をマスターすると原稿を見なくても長時間のスピーチをスラスラと演説できるまでになります。また多くの情報を覚えることができるようになるので司法試験など難関の資格試験にも活用できます。

記憶術は古代ギリシャの時代に登場し、学問や教養のひとつとして重要なものでした。当時の議会ではメモを取ってはいけないことになっていて、そんな背景の中で詩人であるシモニデスが記憶術を始めたと言われています。

記憶術を英語でいうと「mnemonic」ですが、これはギリシャ神話に出てくる記憶を司る女神である「Mnemosyneニーモムシュネー」が語源となっています。記憶術はその後中世まで引き継がれていき、現在でも多くの方が受験対策として利用されています。

記憶術を利用してどのように記憶していくかについては、記憶術によって異なります。どの方法が良いかは個人によって差があり、自分にピッタリの記憶術を探すためにはいくつかの方法を試してみるとよいでしょう。

人生の中で暗記力を必要とする場面はたくさんあります。高校受験や大学受験、就職試験だけでなく仕事を始めてからも記憶力を問われることがたくさん出てきます。時間を有効活用し効率よく暗記していくためには記憶術がおすすめです。

記憶術は現在最も注目されている効果的な学習法であり、物忘れや呆け防止にも役立ちます。より記憶力に磨きをかけたい方も健康上の心配をされている方も記憶術を身に付けてスキルアップしていきましょう。